今回の震災で事業活動が縮小した場合、雇用調整助成金が利用できます

2011/03/22 21:40 に いしい社会保険労務士事務所 が投稿   [ 2011/03/22 21:47 に更新しました ]

 雇用調整助成金(中小企業緊急雇用安定助成金を含む)は、経済上の理由によ
り事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員を一時的に休業などさせた
場合、休業手当相当額の一部(中小企業で原則8割)を助成する制度です。

 東北地方太平洋沖地震被害に伴う経済上の理由により事業活動が縮小した場合、
この雇用調整助成金が利用できます。さらに、青森県、岩手県、宮城県、福島県、
茨城県のうち、災害救助法適用地域に事業所がある場合には、以下の通り、支給
要件を緩和します。

 (1)今回の地震に伴う「経済上の理由」により、最近1か月の生産量、売上高
    などがその直前の1か月、または前年同期と比べ5%以上減少していれば
    対象となります。
 (2)平成23年6月16日までの間については、災害後1か月の生産量、売上高な
    どがその直前の1か月、または前年同期と比べ5%以上減少する見込みの
    事業所も対象となります。
 (3)平成23年6月16日までの間に提出された「計画届」については、事前に届
    け出たものとして取り扱います。

 【雇用調整助成金を利用できる具体的な事例や要件緩和について】
https://krs.bz/roumu/c?c=2539&m=14734&v=8f902537
 
※厚生労働省メールマガジンより
Comments