出産育児一時金 10月1日から42万円に・・でも迷走

2009/09/29 22:43 に いしい社会保険労務士事務所 が投稿   [ 2009/09/29 22:56 に更新しました ]
平成21年10月1日より、出産育児一時金が38万円から42万円へ引き上げられます。
それによって支給方法が変わることになります。
 
現在は、出産にかかる費用を病院などに支払った後、被保険者の方から申請し、健康保険組合などから
出産育児一時金を事後払いしています。
そこで、お手元に現金がなくても安心して出産できるようにするため、平成21年10月からは、出産費用に
出産育児一時金を直接充てることができるよう、原則として、各医療保険者から直接病院などに出産育児一時金を
支払う仕組みに改めることになりました。
 
しかし、中小の産科医などから、「準備が間に合わない」「資金繰りに困窮する」との批判が上がり、急きょ
今年度については一部の医療機関においては、従来通り入院した人が病院へ費用を支払わなくては
ならなくなっています。
下記厚生労働省の告知です。
 
出産にかかる費用は多額です。(私は50万円近くになりました)
出産が近い方、ご自分の病院の窓口にてぜひ確認してください。
Comments