平成24年度労働保険料・一般拠出金申告書 はアウトソーシング

2012/06/13 21:38 に いしい社会保険労務士事務所 が投稿   [ 2012/06/13 21:38 に更新しました ]
先週から、労働基準監督署よりA4の緑色封筒で「労働保険料・一般拠出金申告書」が発送されています。
これは、事務組合を通さずに労働保険に加入している会社さんに届く大切な書類です。
 
平成23年度(23年4月1日~24年3月31日)分の給与総計に保険料率をかけて、
今年度の労働保険料を算出・申告するための書類です。
正社員だけでなくアルバイトも含めた1年分の賃金ですから、
膨大な計算になります。
 
本業が忙しいのに、こんな計算やっている時間がない!!という会社様も多いことでしょう。
こんなときこそ、社労士にアウトソーシングしてください。
 
いしい事務所では、平成24年6月29日14時までにお申し込みいただいた会社さまには
通常料金の20%引きの料金で申告書の作成をいたします。
 
労働者数5人以下       割引後12000円(通常料金15000円)
労働者数6~10人以下    割引後16000円(通常料金20000円)
労働者数11~20人以下   割引後24000円(通常料金30000円)
労働者数21~30人以下   割引後32000円(通常料金40000円)
労働者数31人~50人以下  割引後40000円(通常料金50000円)
労働者数51人以上      人数に応じて 別途お見積り
 
算定のための賃金データ、申告書等をPDFなどのメール添付で
お預かりできる場合には、さらに5%割引きいたします。
 
電話、メールでお申し込みください。
ご質問やお問い合わせはどうぞお気軽に。
 
 
 
Comments