26年10月から外国籍の方の「ローマ字氏名届」提出が義務化されました

2014/10/06 23:30 に いしい社会保険労務士事務所 が投稿   [ 2014/10/06 23:37 に更新しました ]
これまで、外国籍の方については、
厚生年金資格取得届や第3号被保険者関係届などは
そのお名前をカタカナで登録してきました。
(任意でアルファベット氏名届はできました)
26年10月からは、新しく入社される場合、新しく第3号被保険者になる場合、
氏名変更する場合などの際は
各届け出のほかに、必ず「ローマ字氏名届」が必要になります。

例えば・・・・
インド国籍の方を新規雇い入れし、資格取得届を出す場合は
「健康保険・厚生年金資格取得届」+「ローマ字氏名届」
フィリピン人の女性と結婚し第3号被保険者の届け出をする場合、
「健康保険被扶養者異動届」「第3号被保険者関係届」+「ローマ字氏名届」
となります。

(参考)日本年金機構HPより
ローマ字氏名届
国民年金第3号被保険者ローマ字氏名届



Comments